Home > スポンサー広告 > ゲルマニウム>トルマリン??

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://bluelabel.blog6.fc2.com/tb.php/111-fde90eb6
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ONE NITE DRIVIN'

Home > スポンサー広告 > ゲルマニウム>トルマリン??

Home > Diary > ゲルマニウム>トルマリン??

ゲルマニウム>トルマリン??

060122_1648~0001.jpg

いま巷で話題のゲルマニウム温浴・・・
美容効果に期待して、妻が興味を示していたゲルマニウム。
とりあえず、安いのを買ってみました。
お風呂への効果は確かにあるような気がします。
汗がどんどん出てきて、保温効果も高いような感じ。
侮れないな~、ゲルマニウム。

ところでゲルマニウムもトルマリンもマイナスイオンを出す物質だったはず。どう違うのでしょう?
そこでゲルマニウムについてちょっと調べてみると・・・
---
「ゲルマニウム」には「ゲルマニウムの接触面の温度が32℃以上になると、一番外側の軌道を回る4個のマイナス電子が外へ飛び出し、電子浸透圧が働き、イオン化して皮膚組織の下に浸透し、皮下組織中の毛細血管に到達したゲルマニウムのマイナス電子が浸透して、血液中に電子の移動が行われる。」という性質があります。

血液が酸性状態にあれば、ゲルマニウムのマイナスイオンが吸着され血液pHを中性にし、逆に、アルカリ状態であれば、電子反転作用でプラスイオンとなり、血液中のpHを正常に保つ働きをします。

参考Web:
http://www.kenko-tsuhan.com/whats_germa.html

---
とのこと。

トルマリンと同じ感じかなあ?
しかし、ちょっと気になったのは、32℃以上で電子を発するということ。
その点、トルマリンは・・・
---
トルマリンは外部から圧力を受けたり温度変化が与えられたりすると、その表面に電荷を生じます。この性質(圧電効果・焦電効果)がマイナスイオン生成に関わっていると考えられます。
(http://www.n-ion.com/what_tourmaline.html)
---

とのこと。刺激がないと動かないのでしょう。

ということは、ゲルマニウムは常に活動的にマイナスイオンを放出してくれるから、より効果的なのかな?

トルマリンチューンのパワーアップ版としてゲルマニウムチューン??

まあ、クルマが動いている限りは、常に振動があるから、トルマリンも
十分仕事をしていると思うのですが・・・
ゲルマニウムがダイソーあたりで売っていればいいのですが(^^ゞ

とりあえずお風呂には効果あると思いますよ!

Comments:0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://bluelabel.blog6.fc2.com/tb.php/111-fde90eb6
Listed below are links to weblogs that reference
ゲルマニウム>トルマリン?? from ONE NITE DRIVIN'

Home > Diary > ゲルマニウム>トルマリン??

Access Counter
Login

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。